セラミック治療

セラミック治療とは

「悪目立ちする銀歯を白くしたい」「歯の治療をしたいけれど、治療後に1本だけ他の歯から浮いてしまうのは嫌」「金属アレルギーが気になる」といったお悩みがある方には、セラミック治療がおすすめです。当院では自然な見た目で審美性が高い詰め物・被せ物の治療を行っております。
保険適用で一般的に使用される銀歯は、審美性が低く、金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみや、むし歯になりやすい、金属アレルギーを引き起こすと体の他の部分に影響が出るといったデメリットが大きい材料です。銀歯が気になる方は、四谷三丁目にある当院へお越しください。

詰め物・被せ物の種類

オールセラミック

天然の歯に近い自然な色味を再現できる材料で、透明度があり特に審美性が高いため前歯に適しています。金属アレルギーの方にも使用できます。

ジルコニアセラミックス

天然の歯に近い自然な印象を与える材料です。オールセラミックよりも耐久性に優れ奥歯にも適しています。スポーツをする方や歯ぎしり・噛みしめがある方におすすめです。しかし透明度はオールセラミックと比較すると低いため、審美性ではオールセラミックスのほうが優れています。

メタルボンド

内側に金属を、外側にセラミックを使用した材料です。金属を使っているため耐久性に優れ、オールセラミックやジルコニアセラミックスよりも低価格な点がメリットです。しかし透明感の低さや歯茎の黒ずみの恐れなど、セラミック系の材料と比べて審美面で劣ります。金属アレルギーの方は使用不可です。

ラミネートベニア

白く美しい歯を手に入れたいとき、歯の表面を薄く削り、セラミック製で天然の歯のような透明感があるラミネートベニアを貼り付けるという方法があります。1本だけ直したい場合やすきっ歯など軽微な歯並びの治療にも効果的な方法です。しかし、わずかとはいえ歯を削る必要があり、装着場所も通常は前歯に限られています。

CAD/CAM冠

ハイブリッドセラミックス(歯科用プラスチックのレジンとセラミックの長所を併せ持つ)を使った材料です。小臼歯は保険適用です。(金属アレルギーの方は大臼歯も保険適用)しかしオールセラミックと比べると審美性や耐久性の面で劣ります。

セラミックはそれぞれにメリット・デメリットがありますので、まずは四谷三丁目駅近の当院にご相談ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、四谷三丁目にある四谷三丁目歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3353-4182 お気軽にお問い合わせください common_img01.png
  • 24時間受け付けております お問合わせフォーム