入れ歯・ブリッジ

歯が抜けた方へ

「1本抜けただけだから…」と放っておくと、お口の中のバランスが崩れて他の歯まで倒れたり抜けたりする恐れがあります。歯が抜けたらすぐに人工の歯で補って、残された他の歯を守りましょう。

抜けた部分を補う主な治療法は、入れ歯、ブリッジ、インプラントの3つがあります。それぞれ噛む力、装着感、体への負担、メンテナンスのしやすさ、費用などが異なるため、患者さんの症状やご希望と照らし合わせて最適な方法をご提案いたします。入れ歯やブリッジをお考えの方は、四谷三丁目の当院へお越しください。

入れ歯の種類

保険適用の入れ歯

歯茎に密着する床(しょう)の部分がレジン(歯科用プラスチック樹脂)でできており、費用を抑えて作ることができます。しかし、装着感、噛み心地、審美性、耐久性において優れているとは言い難く、発音に支障が出ることもあります。飲食の際に温度が伝わらない点でも。どうしても違和感を感じてしまう入れ歯です。

金属床義歯

床が金属製の入れ歯は、レジン床よりも薄く軽いため装着時の違和感が少なく、発音もしやすいことが特徴です。温度が伝わりやすいのでお食事も快適に楽しめます。耐久性もあり丈夫です。しかし自費診療なのでレジン床よりも高額になります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーは、金属製のバネ(クラスプ)を使用しない入れ歯で、装着していることを人に気づかれにくい審美性の高さが特徴です。装着感も良く、金属アレルギーの方も使用可能です。一方、全ての歯が抜けてしまった方には適用できないため、残存歯がある方のみに適用できます。

インプラントオーバーデンチャー

埋め込んだインプラントを使って口の中に固定する入れ歯で、失った歯の本数が多い場合におすすめの方法です。装着感、噛み心地、審美性で優れていますが、インプラント治療の外科手術を受ける必要があります。

コーヌスクローネ

患者さん自身の歯を土台にして口の中に固定する入れ歯で、失った歯の本数が多い場合におすすめの方法です。入れ歯をしていることを気づかれにくく、安定するので噛み心地が良いことが特徴です。しかし、土台となる歯を削る必要がある点と、支えとなる歯に負担がかかることがデメリットです。

ブリッジについて

ブリッジとは、失った歯の両隣の歯を土台にして歯を補う方法です。しっかり固定されるので自分の歯のような感覚でしっかり噛むことができて、入れ歯のように毎日取り外して清掃する必要もありません。歯を1本だけ失った場合には有効な治療法です。

しかし、ブリッジは両隣の健康な歯を削る必要があり、噛むときに強い力が加わるため、歯の寿命を縮めてしまいます。失った歯が1本程度ならブリッジという選択肢もありますが、複数本失った場合は入れ歯かインプラントの治療をおすすめいたします。ブリッジをお考えの方は、四谷三丁目にある当院へお越しください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、四谷三丁目にある四谷三丁目歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3353-4182 お気軽にお問い合わせください common_img01.png
  • 24時間受け付けております お問合わせフォーム