将来に渡るケアを目指して
HOME

| 歯並びチェック |

受け口
通常は、下の歯列より上の歯列が外側にあり、噛み合わせを安定させしっかり咬めるようになっています。 しかし、逆に下の前歯が上の前歯より前に出ているものを受け口と言います。 これが、後ろの側方歯に見られる時は、交差咬合と呼んでいます。
原因には上下の顎のアンバランス(上顎よりも下顎が大きい骨格の問題)と、歯の傾き(歯槽性の問題)、あるいはこれら二つの複合型もあります。
特に、小児期では、仮に歯槽性の原因であっても、その後の顎の成長で骨格性に発展することがありますので、早期の改善が必要です。