将来に渡るケアを目指して
HOME

| 歯並びチェック |

開咬
これも、骨格性と歯槽性の要因があります。
また、舌癖など口腔悪習癖を伴っている場合が殆どですので、これらの動きのパターンを正常にする必要があります。
特に、下顎が下の方に伸びた骨格の問題を有しているタイプの方は、外科的矯正で改善しなければならない場合があります。
また、治療後の安定も難しく、最も治療が難しいカテゴリーの一つです。