インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯を失った場所に手術で人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着する治療です。入れ歯やブリッジと違って他の歯に負担をかけずに治療でき、自分の歯のようにしっかり噛める点が特徴です。インプラント治療をお考えの方は、四谷三丁目駅近の当院へご相談ください。相談料は無料です。

メリットとデメリット

メリット

自分の歯のようにしっかり噛める
装着していることが目立たない
他の歯に負担をかけない
入れ歯のように取り外して清掃する煩わしさがない
適切なケアで長持ちさせることが可能

デメリット

外科手術が必要
治療できない場合もある(糖尿病、喫煙習慣、顎の骨が足りないなど)
費用が高額
治療後も歯科医院でメンテンスが必要

ケース別治療法

歯を1本失った場合

インプラント治療で最も一般的なケースです。歯を失った部分の顎の骨にインプラントを埋入し人工歯を装着するので、ブリッジのように両隣の歯を削らずに済みます。噛むときに歯茎に適度な刺激が加わり、顎の健康促進に役立ちます。

複数の歯を失った場合

奥歯を含む複数の歯を失った場合や歯を失った部分が連続している場合、従来は部分入れ歯を用いることが一般的でした。このような欠損の場合はインプラントで治療することも可能です。顎の骨の状態によっては、失った歯の本数より少ない数のインプラントで対応することも可能です。

全ての歯を失った場合

従来は総入れ歯でしか対応できなかったケースも、インプラントを使って口の中に固定する方法や入れ歯との併用(インプラントオーバーデンチャー)で治療できます。総入れ歯と比べて自然な見た目を保つことができ、食事や会話の際に入れ歯の違和感が気になることもありません。

インプラント周囲炎について

インプラントを長持ちさせるためには、歯周病菌が引き起こすインプラント周囲炎を予防することが重要です。インプラント周囲炎とは、細菌感染によってインプラント周辺の歯茎や歯周組織に炎症が起こる病気のことで、炎症が歯周組織まで拡大してしまうとインプラントが脱落する恐れがあります。

インプラントの寿命は、毎日の歯磨きや定期検診の受診で変わります。毎日の歯磨きでプラーク(歯垢)・歯石を残さないよう丁寧にブラッシングを行うほか、不調を感じる前に歯科医院でプロによるチェックやお手入れを受けてください。四谷三丁目でインプラントの治療を終えた方も、検診に是非お越しください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、四谷三丁目にある四谷三丁目歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3353-4182 お気軽にお問い合わせください common_img01.png
  • 24時間受け付けております お問合わせフォーム