将来に渡るケアを目指して
HOME>矯正歯科メニュー

見えない矯正歯科治療

舌側矯正(裏側矯正歯科)
舌側矯正とは
舌側矯正とは

舌側矯正とは、従来は歯の表側につける装置を、歯の裏側につけることで矯正装置が見えないようにし、人に矯正していることを知られずに治療を進められる歯列矯正方法です。
特に女性に人気の治療法で、その中でも人前に立つことの多いモデルの方や、接客関係の仕事をされている方が、裏側矯正を選ばれています。
装置が見えないという特性を生かして、ウエディングに向けて開始される方もいらっしゃいます。

 
舌側矯正のメリット・デメリット
  • 審美性が高い
    舌側矯正の最大のメリットとして審美性が挙げられます。
    従来の矯正治療では、歯の表側に矯正装置を装着していたためワイヤーが目立ち、見栄えがよくないという欠点がありましたが、舌側矯正はその心配はありません。
  • 安全性が高い
    舌側矯正は歯の裏側に矯正装置を装着するため、外から強い衝撃を受けたときなどに怪我をする可能性が低く、従来の方法よりも安全であると言えます。
  • 虫歯や歯周病になりにくい
    舌側矯正は従来の矯正治療に比べ、むし歯になりにくい傾向にあります。
    歯の裏側の歯茎の部分には唾液の出る穴が集中しており、舌の動きとともに矯正装置に付いた汚れを洗浄する働きがあります。
  • 痛みが少ない
    歯の裏側での治療は表側の治療と比較すると痛みを感じにくい傾向があります。
  • 発音しづらい
    上側の前歯の裏に舌の先が当たる発音、例えば、タ行、ナ行、ラ行などをする場合、そこに舌側装置が取り付けてあると舌がぶつかり、うまく発音できなくなります。
  • 費用が割高になる
    表側の治療と比較すると歯の裏側の治療は高度な技術を要します。
    また、装置が複雑であり、患者様一人ひとりに合わせた装置を作るために費用がかかります。
人に気付かれない方法があります。「インコグニト」

インコグニトリンガルアプライアンスシステム

 
image2  

矯正装置が外見からは見えない状態で治療をする歯の裏側からの矯正歯科は、1980年初頭に、アメリカ、ヨーロッパ、日本で開発された矯正方法です。インコグニート新しい舌側矯正システムについてご説明いたします。

 

インコグニート Incognito システムという舌側矯正は舌側矯正の問題点を改善すべく、日進月歩で発展しているコンピューター解析技術を駆使することによって、患者さんの負担を減らし、かつ歯を正確な位置に短期間のうちにならべることができる画期的な治療システムです。

■インコグニトの長所■
・フラットなデザインなので、快適です。
・個々の歯の形状に会った設計・制作を行います。
・外からほとんど見えません。
・装着期間の短縮が期待できます。
・幅広い年齢層に対応できます。
・脱灰のリスクが低いシステムです。

image3

 
もし、あなたが矯正装置が目立つからやりたくない。。。
そう思っているのなら、是非当院へ、ご相談下さい。あなたに最適なご提案をさせて頂きます。