将来に渡るケアを目指して
HOME>矯正治療の流れ

矯正治療の流れ

治療の流れ
初診(30分~60分)
初診(30分~60分)

結紮の必要のないブラケットとハイテク・ワイヤーが使われるため、摩擦力は従来の600分の1です。

 
精密検査(60分)
精密検査(60分)

歯の写真、顔や口の写真、レントゲン写真など、診断や治療計画に必要な資料を取ります。
次回来院時までに顎や歯の状態などを綿密に検査し、診断結果をまとめます。

 
診断と治療方針の説明(30分~60分)
診断と治療方針の説明(30分~60分)

精密検査の診断結果をご報告いたします。
そして、今後の詳細な治療計画・使用する装置・期間・治療費に関してご説明いたします。

 
ブラッシング指導(30分)
ブラッシング指導(30分)

矯正治療を開始する前に、装置が入った後の正しいブラッシング方法をお教えいたします。

 
装置の取り付け(2時間~2時間半)
装置の取り付け(2時間~2時間半)

歯に矯正治療用の装置を取り付けます。
装置は、金属の装置の他、クリアの装置、上下片方が歯の裏側の装置、上下共に裏側の装置を用意しております。

 
歯の移動(1年半~2年半)
歯の移動(1年半~2年半)

歯の移動にかかる期間には個人差がありますが、およそ1年半~2年半程度かかります。

 
保定期間(1年~2年)
保定期間(1年~2年)

移動した歯が安定するまで保定装置を装着いたします。
期間はおよそ1年~2年程度です。