将来に渡るケアを目指して
HOME>インプラントとは

| インプラントとは |

インプラントは、人工といっても天然の歯と同様のメンテナンスが必要となります。
より長持ちさせるために、しっかりとブラッシング指導を受けて、日々磨くことが大切です。
また、プロである歯科医師 の検診を定期的(年に3回程度以上)受けることをお勧めします。

アフターケアとインプラントの寿命
アフターケアとインプラントの寿命

インプラントでのかみ合わせに問題がないか、負荷がかかってないかがポイントのひとつです。インプラントはメンテナンスが良好であれば、10年から20年は95%以上の確率で維持できるものです。日ごろのブラッシングや定期検診、メンテナンスの心がけで、インプラントの寿命が変わります。

 
定期検診の重要性
定期検診の重要性

インプラント治療が終わったからといって、そのままでインプラントが一生機能するわけではありません。
インプラントを長持ちさせるには様々な努力が必要になります。
例えば、インプラント周囲組織の炎症を防ぐこと、歯石・歯垢などの汚れが付着してないか、上部構造(かぶせもの)の状態は問題ないか、などが重要になります。そのためには、日頃から、家庭内でしっかりとブラッシングをするとともに、定期的にプロに相談し、検診を受けるようにしましょう。