院長・スタッフ紹介

院長紹介

ご挨拶 

当院が大切にしているのは「目の前の患者さんの望みを最大限に叶える治療とは何か」を常に考え、その時点での最善を尽くした治療を提供することです。そのためには、患者さんのお話にじっくり耳を傾けることはもちろん、ちょっとした癖や姿勢の観察、そして必要に応じた適切な診査など、あらゆる情報を集めたうえでの的確な診断に努めております。

特に矯正歯科治療については、患者さんの「機能回復」を最大の目的として治療に臨んでおります。歯並びの美しさは、あくまで治療の成果の一部です。鼻や口唇も含めたお口周りの器官全般を調和させ、咀嚼、発音、呼吸といった機能がスムーズに行える健康な状態へ導くことにこだわっております。また、当院では幅広い治療方法を取り扱っておりますので、「早く治療を終えたい」「人に気づかれたくない」などご希望に応じて最適な治療法を提案できます。

歯のトラブルやお悩みを抱えていらっしゃる方は、四谷三丁目にある当院まで気軽にご相談ください。患者さん一人ひとりと納得のいく対話を心がけ、将来の健康も見据えた診療でお応えいたします。

院長 前多 啓博

経歴

1980年  日本歯科大学歯学部(現 日本歯科大学生命歯学部)卒業
1980年 与五沢歯科矯正歯科 勤務
1982年~1994年 原宿デンタルオフィス(山﨑長郎院長)、寺西歯科医院(寺西邦彦院長)の矯正歯科治療を矯正専門医として担当
1984年 SJCD設立に参画
1994年 四谷三丁目歯科 開業
1997年 医療法人社団 啓友会 設立

所属学会・団体

日本矯正歯科学会
日本成人矯正歯科学会
日本舌側矯正歯科学会
日本臨床歯科医学会東京支部(東京SJCD) 顧問
日本臨床歯科医学会(SJCDインターナショナル)広報担当
日本歯科医師会

SJCDとは

SJCD(SocietyofJapanClinicalDentistry)は日本で最大規模、世界でもトップクラスに入る大きさのスタディーグループで、日本の歯科医療におけるリーダー的存在と言える組織です。国内各地に支部を持ち、歯科医師や歯科衛生士、技工士を対象としたセミナーや講習会等を主催しています。三者がそれぞれの専門知識を吸収しあいながら歯科医療の向上に励んでいる点が大きな特徴です。

“インターディシプリナリー・アプローチ” すなわち、インプラント、GBR、審美等を含む歯周・外科・矯正・補綴という代表的な治療技術を高度なレベルで専門的に連携させ、一口腔単位を総合的に捉えながら治療ゴールを目指すといった考えは、今でこそ主流になっていますが、SJCDは発足以来、終始一貫してこのコンセプトを持ち続け活動しております。
当院の院長は、SJCD理事を経て東京SJCD(現:日本臨床歯科医学会東京支部)の会長に就任した後、現在は同グループの顧問を務めております。また、SJCDの活動を世界へ展開していくSJCDインターナショナルにおいては、広報を担当しております。

スタッフ紹介

歯科医師:3人

 
 

衛生士:2人

 
 

助手・受付:2人

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、四谷三丁目にある四谷三丁目歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3353-4182 お気軽にお問い合わせください common_img01.png
  • 24時間受け付けております お問合わせフォーム