将来に渡るケアを目指して
HOME>医院紹介

ごあいさつ

大切な歯を守るために
歯並びはいきいきとした表情をつくる大切なポイントであるばかりでなく「話す」という役目を持ち、又、消化の第一歩である「咀嚼(ソシャク)」をする機能に大いに関与しております。 そして、そのどれにも歯は大事な役割を果たすのです。 しかし残念ながら不正咬合が原因で病気の症状が現れるまで、なかなかそのことに気づいてもらえないのが現状です。 当医院は今、現時点での治療に最善をつくすことはもちろん、歯並びがどんなに大切なことか皆さんに知っていただき、インプラントや矯正などの術後も、将来にわたるケアができるよう努めています。 そのために患者さん一人一人と納得のいく対話を心がけていきたいと思っています。
院長紹介
四谷三丁目歯科 院長 前多啓博

 

経歴
  • 1980年 日本歯科大学歯学部卒業
  • 1980年 与五沢歯科矯正歯科勤務
  • 1982年~1994年 原宿デンタルオフィス(山﨑長郎院長)、寺西歯科医院(寺西邦彦院長)の矯正歯科治療を矯正専門医として担当
  • 1994年 四谷三丁目歯科開業
  • 1997年 医療法人社団 啓友会設立
  • 1984年 SJCD(※)設立に参画。
    理事を経て東京SJCD会長に就任後、現在東京SJCD顧問を務める。
    またSJCDインターナショナル広報を務める。
 
所属団体 / 学会
  • 日本矯正歯科学会
  • 日本成人矯正歯科学会
  • 日本舌側矯正歯科学会
  • 東京SJCD顧問
  • SJCDインターナショナル広報
SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)
 
スタッフ紹介