口腔外科

口腔外科とは

口腔外科とは、口の中、顎、顔面などの病気(むし歯・歯周病を除く)を取り扱う診療科です。当院の口腔外科では、親知らずの抜歯とインプラント治療を実施しております。口腔外科の病気はお食事や会話といった生活の根幹に深く関わり、場合によっては全身の健康にも影響を及ぼします。特に親知らずは、痛くなってから歯科医院に駆け込む方もいらっしゃいますが、トラブルになる前から対策しておくことが重要です。疑問や不安があれば、どうぞ気軽に四谷三丁目にある当院へご相談ください。

親知らずの抜歯について

親知らずは抜いたほうがいいの?

親知らずの生え方によって異なります。親知らずが4本とも真っすぐ生えていて、噛み合わせが良く、正常に機能している場合は抜歯の必要はありません。しかし、このようなケースは非常に稀です。親知らずが倒れている、隣の歯を押している、歯茎から完全に露出していない、噛み合わせが悪いといったケースでは、親知らずが口内環境の悪化の原因となるので抜歯をおすすめします。四谷三丁目駅近の当院には口腔外科が専門の歯科医師が在籍しておりますので、安心してご来院ください。

埋伏歯について

歯肉から出てきていない歯を埋伏歯と言います。埋伏歯には顎の骨から出ていないものと、顎の骨からは出ているが歯茎に埋まっているものの2種類があります。前者は抜歯の必要はありませんが、後者は歯肉の隙間から口の中の細菌が入り込んで炎症を引き起こす恐れがあるので、抜歯をおすすめしております。四谷三丁目で親知らずが気になる方はご相談ください。

歯牙移植

親知らずの隣に生えている歯が、むし歯でぼろぼろになっている場合に、親知らずを抜いて、そこに移植することができる場合があります。
他にも、矯正で親知らずの手前の歯を抜歯しなければならない場合に、矯正治療で親知らずを移動にさせることもできます。

歯髄バンク

将来、ご自身の歯髄細胞を、再生医療に使うことができます。
歯髄とは、歯の中にある柔らかい組織のことです。歯に栄養をあたえる血管や、痛みを感じる神経が入っています。また。組織を作るもとになる細胞である「幹細胞」も含まれています。
たとえば、乳歯や親知らず、矯正歯科治療で抜歯をした歯などから、歯髄を取り出すことができます。ご興味のある方は、四谷三丁目歯科の当院へお越しください。

歯髄細胞を使った再生医療

歯科…むし歯・歯周病・歯の欠損
神経疾患…脊髄損傷・脳梗塞
筋疾患…心筋梗塞・筋ジストロフィー
臓器疾患…糖尿病・肝硬変・肝線維症
その他…角膜欠損・毛包欠損・下肢虚血

歯髄細胞バンクと再生医療のながれ

  1. 歯科医院で、認定医の先生と注意事項を確認した後、患者表、同意書、支払依頼書に記入します。
  2. 認定医の先生が抜歯をし、歯髄細胞バンクに歯を送ります。
  3. 抜歯した歯の歯髄細胞が、元気なことを確認し、歯髄細胞は凍結してタンクに保管されます。
  4. 初年度費用5万円、年間費用2万絵年が金融機関やクレジットカードで自動引き落としされます。
  5. 歯髄細胞バンク登録証が発行されます。年に2回の最新の再生医療に関する刊行物が届きます。
  6. 再生医療に活用します。

インプラント

インプラントについてはこちらのページをご参照ください。

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、四谷三丁目にある四谷三丁目歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3353-4182 お気軽にお問い合わせください common_img01.png
  • 24時間受け付けております お問合わせフォーム