ブログ

2019.07.23更新

雨降りが続いて嫌ですねrain

体調など崩していないでしょうか?

早く梅雨明けしてくれないかな・・・en

 

そうこうしている間に、もうすぐお盆休みですね。

 

四谷三丁目歯科は、お盆休み中も平常通り診療しておりますtooth

 

お痛みや、お困りの事がありましたらお電話下さいni

 

 

バラ

 

 

投稿者: 四谷三丁目歯科・矯正歯科

2019.07.05更新

こんにちは。  衛生士のハマーですsun

 

またまた勉強会へ行って来ましたglitter

 

今回は、ストップ ザ ペリオ の「歯周基本治療」をテーマのセミナーに参加。

 

 

学会

 

 

学会

 

 

学会

 

 

 

歯周病とは慢性疾患であり、どう対応していくか。一時的な改善ではなく、10年は大丈夫だか、10年過ぎて、15年経ったらどうなるかは分からない。

 

歯周病の原因は、細菌性プラークへの防御反応で起こるものである。

歯周病の治療とは、諸悪の根源となるプラークを取って、歯石も取り、清掃することが治療である。

 

ブラッシングができているかどうかは、出血があるかどうかで、磨いていくことで、出血がなくなります。

歯面を横磨きではなく、1歯ずつ磨いていく。

 

 

定期検診と普段のご自身での日々の歯磨きでのケアが、とても大事になりますねtooth

10年後も20年後も健康な歯でいられるように、四谷三丁目歯科でもお手伝いしていきたいと思いますので、皆さまも定期検診や相談などなどいらして下さいねnico

 

 

 

 

投稿者: 四谷三丁目歯科・矯正歯科

2019.07.04更新

毎日スッキリしない日が続いてますねrain

 

そんな中、院長がテンションの上がるお土産を買って来てくれましたglitter

 

 

大福

 

 

大福

 

 

いちご大福なんですが、なんと❗️いちごを後のせするのですstrawberry

 

 

大福

 

 

新鮮で、すごい美味しかったですihi

 

 

 

投稿者: 四谷三丁目歯科・矯正歯科

2019.07.01更新

こんにちは。  衛生士のハマーですni

 

先週、日曜日に日本顎咬合学会の学術大会・総会2019に参加しました。

 

 

学会

 

 

学会

 

 

学会

 

 

学会

 

 

学会

 

 

 

最近は、予防するメインテナンスということで、歯周病と虫歯ともに、"常在菌との感染=追い出すことができないので、 バイオフィルムの管理が非常に大切になります。

病気の治療=病原性を取り除くことです。

 

加えて、歯周病のP、g菌は脳の海馬にも飛び、アルツハイマーももたらします。

歯周病原性全身感染疾患が、内蔵疾患とNCDs(非感染性疾患)をもたらすのです。

 

そこで必要になることは、定期的なクリーニングを行うことで、予防に繫がります。

 

忘れがちな定期検診ですが、大切なので忘れずにいらして下さいねnico

 

 

投稿者: 四谷三丁目歯科・矯正歯科

entryの検索

カテゴリ

ご予約・ご相談はお気軽に

歯のことでお悩みでしたら、四谷三丁目にある四谷三丁目歯科矯正歯科まで、まずはお気軽にお問い合わせください。

  • 03-3353-4182 お気軽にお問い合わせください common_img01.png
  • 24時間受け付けております お問合わせフォーム